プラスミドDNA

Switching

お客様の環状DNAの増幅が1日で完了

OriCiro Cell-Free Switching System

本製品に含まれている SS OriC Cassette を用いてたった2ステップの等温反応により、目的のプラスミドにOriC Cassetteを導入し、セルフリー増幅可能なプラスミドが調製できます
大腸菌を用いたプラスミド増幅が、セルフリーにより数時間の作業に効率化できます

workflow_1.jpg

Features

・プライマー設計は不要、プラスミドDNAをチューブに入れるだけ
・4-13 kb の pUC 系や pET 系、pGEM 系ベクターに適用可能
・エンドトキシンフリー
・ グリセロールストック製作から解放されます
・1反応あたり最大1 µgのスーパーコイル型DNAが得られます

新技術: SS OriC Cassettes

Cel-Free Switching Systemを用いてSS OriC Cassetteを
プラスミドDNAへ導入し、増幅させました

4 kb : pUC系ベクターである4 kbサイズのプラスミドDNA
7 kb : pET系ベクターに1.8 kbの遺伝子を導入したプラスミドDNA
13 kb:OriCiro社オリジナルのプラスミドDNA

-:Switching System反応前のプラスミドDNA
+:Switching System反応後のプラスミドDNA

figure1.png

お手元のベクターをご確認ください

SS Oric Cassetteとの相同配列を持っているベクターは、

Switching Systemをご利用いただけます

graph.png

細胞導入に必要な環状DNAを数時間で増幅

OriCiro Amp Kit

OriCiro Cell-Free Cloningで、環状DNAの増幅を確認されたお客様が、アプリケーションに応じて

必要なDNA量を得るための増幅反応のみのキットになります。

  • OriC配列を含んだ最大50 kbの環状DNAを増幅できます

Contents & storage

ご購入は最寄りの販売代理店へお問い合わせください​